未分類

あなたにもできる?浮気の証拠集め

投稿日:

浮気の証拠となりうるものは、いろいろあります。

携帯のメール、着信履歴、レシート、クレジットの明細、写真・・・

一応は、「証拠」にはなりえるけれど、これらは単独では「証拠」というには弱いです。

法的に「不貞行為」というためには、肉体関係がある必要があります。

メールなどは、内容によっては、それを彷彿させるものもあるかもしれないですが、一般的には弱いです。

弱い証拠をたくさん集めたところで、説得できるだけの強さにはなりません。

ないよりはある方がいいので、小さな証拠でも、集めておくのはいいとして。

じゃあ、もっと強力な証拠を!と考えたとしても、絶対してはいけないことがあります。

証拠集めでしてはいけない3つのこと

尾行

素人が、探偵を真似て尾行をすること。

これは、しないでほしいです。

相手に気づかれると、相手はそれ以後とても警戒するでしょうし、あなたとの関係も、それまで以上に険悪になるかもしれません。

「最後の砦」で、探偵のもとに飛び込んで来たりしても、相手は慎重になっているので、本来なら取れるはずの証拠もとれずに終わってしまう可能性も。

張り込み

例えば、運良く浮気相手の住まいがわかったとして、その前で待ち伏せしたり、張り込みをしたりといったことも、避けるべきです。

相手に見つかる可能性めありますし、近所の人から、不審者扱いされることがないとは言えないからです。

別居中の夫の家に侵入

勝手に留守のときに上がり込んで、証拠探し。

これもやめてください。

別居中ということは、夫婦関係が破綻してるとみなされます。そういう状況で相手の住居に侵入するという行為は、不法行為です。

反対に、あなたが訴えられてしまうこともありえることです。

証拠集め、手をこまねくしかない?

では、小さな証拠ばかりで、手をこまねくしか方法がないのでしょうか。

いえ、大丈夫です。

そんな時こそ、おまかせください。

適法に、証拠を集めます。

 

 

お心当たりのある方は今すぐ↓

0120-939-375

メールによるお問い合わせ↓

Attachment.png

-未分類

Copyright© 浮気調査、探偵なら石川県の「あんしん調査エース」 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.