浮気

浮気の証拠、どんなものを集めたらいい?

投稿日:

相手の浮気を証明するためには証拠が必要です。

こちらの「勘」だけでは、たとえ本当に相手が浮気していたとしても、
「(浮気なんて)してない。考えすぎだ。」
と、しらを切られてしまうのがオチ。
「証拠を見せろ」
と反対に開き直られてしまうかもしれません。

では、浮気の証拠とするためには、どんなものを集めたらいいのでしょう。

単なる「浮気の証拠」がほしいのか、「不貞行為」として裁判でも通用する証拠がほしいのかで集めるべき「証拠」は違ってきます。ここでは裁判まで視野に入れて、どんなものが証拠となり得るかを見ていきます。

浮気の証拠となり得るもの

メールやSNSの履歴

  • スマホをいつも肌身離さず持ち歩くようになった
  • 隠れてこそこそケータイをいじるようになった
  • ケータイにロックをかけるようになった

などなど、以前はしなかった、ケイタイにまつわる相手の態度の変化。

怪しさ満載です。

こっそりのぞいた文面には、どうも夕べ二人で食事をした形跡がうかがえる・・・

単に食事をしたという程度だったら、客観的に見て浮気の証拠というには弱いです。
「仕事の打ち合わせをしていただけ。」
などという言い訳がまかり通ってしまいます。

二人で宿泊したことがうかがい知れるような内容のものであると、浮気の証拠、「不貞行為」の証拠としての機能を発揮できる可能性が高いです。

「愛してる♥」
「夕べは楽しかったね。ありがとう♥」

こんな会話は限りなく黒に近いけれど、「不貞行為」の証拠としてはちょっと弱いかも。

ただ、こうした二人のやり取りは、些細な言葉尻からそれととらえられることも可能ではあります。

とはいえ、夫婦とはいえ、勝手に相手のメールをのぞき見するという行為は、プライバシー権の侵害行為につながります。
不法行為として相手に訴えられることがないわけではない、ということを心して。

領収書、買い物の履歴

「不貞行為」が疑われる証拠としてなら、ラブホテルの領収書などは、使えるでしょう。
一般的なシティホテルやビジネスホテルなどの場合は、単独では証拠としては弱いかもしれません。

また、見慣れないレストランの領収書が例えばパートナーの上着のポケットから出てきた。普段の状況が重なって、これはだれか女性と食事に行ったに違いない・・・

主観的には怪しさ満載ですが、客観的に見て、「証拠」とするにはかなり弱いです。

クレジットカードなどの明細や買い物履歴なども、明らかに本人やあなたが使うものではないもの(例えば女性用の化粧品や洋服)があった場合、それだけでは「不貞行為」には結びつかないにしても、他の証拠と合わせることで、浮気の補強材料にはなり得ます。

写真

メール同様、「手をつないでいた」「仲良さそうに食事をしていた」というだけでは、疑わしくはありますが、「証拠」とするには弱いです。

「不貞行為」とは肉体関係にあることをいいますが、現場を抑えることはほぼ不可能でしょう。

ただ、「不貞行為が行われたこと」が推定できる写真であれば、証拠として使うことができます。

例えば、二人がラブホテルに入っていく写真、ラブホテルから出てくる写真(滞在時間がわかるように)、日帰りではいかれない遠方での写真(2人で写っている)、どちらかの家に入っていく写真、出てくる写真など。

パートナーの発言

パートナーが浮気を告白したら、それは大きな証拠となります。

ただ、言ったことを聞いていただけでは、後になって

「そんなこと言ってない。」と開き直られる可能性も。

・話を録音しておく

・書面に残す

などしてあとあとまできちんと残る形にしておきましょう。
また、書面に残す際には、
「浮気しました。」
だけでは弱いです。はっきり
「肉体関係を持ちました。」「不貞行為をしました。」
と記載させること。

そのほか証拠となるもの

「不貞行為」の証拠にするためには、「不貞行為」そのものがわかるかまたは「不貞行為」が推定されるものである必要があります。

上記のメールや領収書などは、単独では証拠としての力は弱いですが、ほかのものと組み合わせることによって、「不貞行為」の証拠としての説得力を持たせることができます。

なので、証拠としては弱いからとあきらめてしまうのではなく、「証拠」となりそうなものは取っておくことが大切。

また、手帳などに夫の帰りが遅かった日、外出した日など、時間を含めてメモを残しておくのも有効です。
もちろん単独では、「勝手に作って書いた」といわれてしまうかもしれません。
でも、ほかの証拠と組み合わせることで「不貞行為」の証明を補強することもできるかもしれません。

証拠集めのときに気をつけること

自分の持っている証拠は、あまり使えそうにない・・・

そう感じて、より強固な証拠探しに夢中になるあまり、例えば別居中の夫の部屋に侵入して証拠となりそうなものを集めたり、盗聴器を仕掛けたりなど、といった違法なことをしてはいけません。

また、ストーカーまがいのことをしてしまったり、相手女性に脅迫めいたことをしてしまったり。

一歩間違うと、犯罪にもなりかねず、反対にあなたが訴えられてしまうことになるかもしれません。

証拠集めはプロにお任せを

素人がしっかりした証拠を集めようとするのはとても困難です。

では、強力な証拠がないので、泣き寝入りしなくちゃならないの?

いえ、あきらめることはありません。
そんなときはおまかせください。

適法に証拠を集めます。

お心当たりのある方は今すぐ↓

 ☎0120-939-375

メールによるお問い合わせ↓

 

 

 

-浮気

Copyright© 浮気調査、探偵なら石川県の「あんしん調査エース」 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.